レーザー脱毛。何回も通う意味って何?

今日も脱毛関連のトピックス行きますよー。
美容外科や美容クリニックなどでの脱毛を受けるとなると、大体レーザー脱毛か光脱毛のどちらかになる事かと思います。
今日は、レーザー脱毛に関してピックアップしてみたいと思います。
まだレーザー脱毛をした事が無い方からすると、炎症とか起こさない?痛くない?本当に効果あるの?など色々と疑問があるかと思いますので、まずはレーザー脱毛に関する基礎知識をしっかりと付けて頂きたいなと思います。
レーザー脱毛とは、ご存知のとおり、黒色もしくは茶色に吸収される波長のレーザーを用いて脱毛する仕組みになっています。
その波長のレーザーを皮膚に照射し、毛・毛根にダメージを与えて、毛を薄くし、脱毛していきます。
それだと、永久には脱毛できないよね?生えてくる度に、毎回脱毛しに行かなきゃいけないの?と言う疑問が出てくるかと思いますが、これに対する回答です。
私たちの体毛にもライフサイクルがあります。
成長期・退行期・休止期という3つがありますが、このうち、成長期にレーザー照射を受けた毛のみが永久的に脱毛されると言われています。
その理由の一つとして、休止期に入った毛には、色素であるメラニンを保有していませんので、レーザーによる脱毛の効果は無いとされています。
じゃあ、この休止期の毛はどうすうのさ!?と言う疑問に対する回答です。
そもそも、休止期に入った毛というのは、自然と抜け落ちるのを待っている状態の毛です。
前にも書きました通り、休止期に入っている毛の毛根にレーザー脱毛の効果はありませんので、一度自然と抜け落ちて、その毛穴から新たに毛が生えてきたタイミングで、その毛・毛根にレーザー脱毛を施術する事でその毛穴からの毛を永久に脱毛する事が出来ると言う訳です。
体から生えている毛のライフサイクルは、当然ながら全て同じではありません。
ですので、レーザー脱毛は毛周期に合わせて、複数回通う必要があるんですね!
かなりザックリとしたレーザー脱毛の解説になってしまいまいたが、なんとなくお分かり頂けましたでしょうか?
ご参考になれば幸いです。
本日も有難うございました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)