サロンに行くのが恥ずかしいので自分でVIO脱毛やってます

昔からアンダーヘアのごわごわ感が大嫌いでした。
特に生理の時など自分でもすごく不潔な気がして、「こんなものなくなってしまえばいいのに」くらいに思っていました。
とはいえ、脱毛サロンへ赴いて、人に対してお股を全開にしてあそこを脱毛してもらうなんて。。という気持ちが強く、VIOの脱毛には踏み込めずにいました。
セックス・アンド・ザ・シティーのヒットで日本でもブラジリアンワックスが浸透し始めた頃。
いくつかのサロンでブラジリアンのコースを行っていることを知り、「ほぉ、こんな手段が。」と興味津々の私でしたが、それでもやはりお股前回で人にそこをのぞき込まれる作業を想像するたび、抵抗を感じてチャレンジできませんでした。
そんな矢先、ネットで「自宅でできるブラジリアンワックス☆説明書付。」というのを発見。
「なんと自分でもできるのね!」と早速申込みました。
届いた小包を開けると、ワックス、アイスの棒みたいな木のヘラ、トイレットペーパーのような厚めの紙、脱毛後の肌を保護するローションがセットで入っていました。
ワックスを電子レンジで軽く温めて、それをヘラでまんべんなく塗り広げ、その上からペーパーを押し当てて一気に引っ張ります。
そうすると、紙に粘着したヘアーが根こそぎ引っこ抜かれます。
びっくりするほどよく取れますが、あんな剛毛を引っこ抜いているのに、実は痛みはあまりありません。
むしろズバッとヘアーが抜けて爽快感すらあります。
素人なので、全取りするには毎回1時間くらいかかりますが(サロンに努めている友達によると、プロであれば20分で十分だそうです)
初めてやった時は、今までに経験したことのないツルツル感が快感で仕方ありませんでした。
剃るとチクチクしてしまいますし、場所的にデリケートなのでよく剃刀負けしてしまったりしていたので、それがなくなって最高に嬉しかったです。
また、ブラジリアン脱毛により、VIO部分の黒ずみも改善します。
聞いたところによると、ブラジリアンをやると角質も生まれ変わるので、黒ずみも改善されるそうです。
1つ残念なのは、ブラジリアンを始めた頃は「ブラジリアンをすると、徐々に毛が薄く細くなっていく。」と聞いていたので期待していたのですが、最近では、実はそのような効果はない、という情報の方が優勢になってきました。
確かに、2年以上ブラジリアン脱毛を続けていますが、薄くなってきている気はしません。
やっぱり薄くしたいもしくは永遠に全取りにしたいというのであれば、サロンに行くしかなさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)